スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
道草
本を買いました。

DSCF8405_convert_20141019151018.jpg


DSCF8402_convert_20141019150955.jpg
「最新版 街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本」という本。



いぬくんのお散歩でプラプラ歩いていると、季節をよく感じます。

もちろん気温でも季節を感じますが、

「あ、今年もここにこの花が咲き出した」

などと、草花を見て、また一年の巡りを感じたりするのです。

だけど、「この花」と思うだけで、名前を知らない雑草ばかりなので、こういうのがあると便利かと思って、

数ある雑草本の中から、詳しそうなこの一冊をAmazonで買ってみました。


今の時代、雑草の名前なんてネットですぐに調べられるんだけれど、

私、こういうアナログな調べ方も好きなのです。

他のページへの寄り道も楽しいし。




いぬくん、読んでみる?


DSCF8421_convert_20141019151137.jpg
                       「うん」


DSCF8413_convert_20141019151038.jpg
                   「なになに・・・」


何の花だった?

DSCF8419_convert_20141019151119.jpg
                              「・・・・・」






DSCF8417_convert_20141019151101.jpg
                      「わからな~~い!!」


・・・残念だね。





お散歩で気になる雑草を探してみることにしました。


DSCF8258_convert_20141019150428.jpg
                                    「きになる ざっそうは ないか~~~」


DSCF8246_convert_20141019150406.jpg
                            「ざっそう~~~」

なんかすごい写真になった~~~。


DSCF8245_convert_20141019150349.jpg

ぐるぐる~~~~。


DSCF8260_convert_20141019150457.jpg

・・ほんとは、普通に歩いてます。


気になった草花は写真に撮って、家に帰ってからゆっくり調べましょう。




↓この数日の調べた結果の一部です




雑草初心者としては、やっぱり色のついたものについ目が行きます。

DSCF8229_convert_20141019150237.jpg
「イヌタデ」 漢字で書くと 「犬蓼」

なぜ犬?と思ったら、食用の「ヤナギタデ」に対して、味に辛みがなく使い道がないので「犬蓼」となったと。

・・・使い道がない→犬??

なぜ??

と思ったら、「いらぬ」→「いぬ」→「犬」ですって。





DSCF8209_convert_20141019150144.jpg
これは「ヘビイチゴ」っていうものだとずっと思ってたら、

やっぱり「ヘビイチゴ」だった。

私の記憶は正しかった。

けど、

このイチゴは「毒があるから食べちゃダメ」と思っていたのは、

間違いで、

「スカスカしてる上に、味がしない、ただ単に美味しくないイチゴ」だそう。

春の花のページにあったけど、なぜか今、一個だけ実が付いてました。





DSCF8233_convert_20141019150301.jpg
この花、可愛いから子供のころからずっと気になってた。

けど、名も知らぬ花でした。

それがようやく判明。

「イモカタバミ」でした。

根元に芋状の塊の茎があるらしい。


我が家の空いた鉢に勝手に生えてきた、

DSCF8335_convert_20141019150812.jpg
イモカタバミを大きくしたようなこの花も仲間だろうなって、これまたずっと前から気になっていたのですが、

DSCF8334_convert_20141019150752.jpg
やっぱり仲間でした。

「ハナカタバミ」でした。





DSCF8304_convert_20141019150619.jpg
雑草わんさかロード。

に、生えてた、

DSCF8308_convert_20141019150702.jpg
これも、気になる。

大きいねこじゃらし、っていう認識だったけれど、

DSCF8310_convert_20141019162048.jpg
正式名は「チカラシバ」

根が強くて、引っ張っても簡単に抜けないのが名前の由来だって。





DSCF8299_convert_20141019150556.jpg
これは、もう少し成長すると「くっつき虫」になる、子供の頃の遊び道具。

さらに成長すると、もう嫌がらせにしかならないくっつき虫。
DSCF8298_convert_20141019150538.jpg
「コセンダングサ」って名前だそう。

この名前は覚えられなさそう。。。

いつまでたっても「くっつき虫」って言っちゃいそう。。。




DSCF8424_convert_20141019151200.jpg
小さい花が可愛らしい。

調べてみると、

名前が、

「ヘクソカズラ」

漢字で書くと、

「屁糞蔓」

なんてこったい!

葉に悪臭があるからだって。


・・・てことで、


いぬくん、

嗅いでみるかい??


DSCF8432_convert_20141019151218.jpg
                            「かいでみる」


どう?



DSCF8438_convert_20141019151236.jpg
                          「くさ~~~~~」



・・とは言っても、名前のインパクトほどは臭くはありませんでしたよ。。








さてさて、

この本が届いた日の夕方のこと。


郵便を取りに玄関を出て、ポストを開けると、、


ヘクソカズラとは打って変わって、「ほわん」となんだかいい香りがしました。

なんだ?と思って、郵便を取り出してみると、







DSCF8342_convert_20141019150917.jpg
ダイレクトメールの上に「お花」が!

これは本で調べなくてもわかるよ、

「オシロイバナ」の花だ。

手紙はこのDMだけで、他には何も入っていません。

不思議な現象だけれども、、、

だいたい想像はつきます。

いつもいぬくんと遊んでくれる、近所の子(幼稚園児)が入れていったんだろうな(笑)


1日この草の本を見てたから、そんな日にオシロイバナのプレゼントをもらって、なんだか不思議な気分でした。

道で見かける草花の中で、私が名前を知っている数少ない花の中の一つ、オシロイバナ。

でも、

DSCF8343_convert_20141019150936.jpg
こんなにいい香りがするなんて、初めて知りました。

あの子に、今度会ったら、ありがとって言わなきゃね。







スポンサーサイト
【2014/10/19 17:48】 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。